1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

損保ジャパンの保険代理店、愛知、岡崎のASJトヨオカの高橋専務が送る岡崎の損保ジャパン代理店 ASJトヨオカブログ ~愛知、岡崎から保険のお役立ち情報などをお送りします


連続の雨だけど

2017.10.20

連続の雨だけど

肌寒い日が続いております。

日産自動車や、神戸製鋼の大企業の

チョンボも話題ですなあ。

でも、日程平均株価は29年振りに連続上昇とか、

50何年振りの上昇とか、大きくニュース載っても

いいようなんだけんども、(どこの人?)

選挙期間中だからなのか、あんまり大きく扱っていない。

アベノミクス失敗だとかの反証にならないからか。

メディアは、もうちょっとあおっても

いいのじゃないかねえ。

ああそうだ!道路でのあおり運転はよくないから

あおらないのだよねーーー

日曜日天気が悪そうなんで明日でも

不在者投票したらいかが?(誰に言ってる?)



政党には納得しなくとも、選挙制度には納得せよ、
               ASJトヨオカ
              




ドライブレコーダー

2017.10.19

ドライブレコーダー

通称ドラレコ。

道路上の無法者をしっかり画像で残すためにも、

必要性が高まっている。

追い越して停止する。

ちょっと前の「当たり屋」です。

当たられ屋というのがいいのかね。

そうだね、当たり屋は車にぶつかってくる。

当たられ屋は追い越して追突される。

道路上の無法者とは違って出てこない。

被害者面をして追突した者の態度を見ている。

道路上の無法者じゃないのでほっとしていると、

「追突したよね」

これ多くなりそうです。

そんなこんなでドラレコ付けますか。

「ドラレコ装着車」のシールもいい。

損保ジャパンも来年1月から自動車保険の特約で

有料(!)で貸し出す制度が始まる。

タイムリーだと思うがあんまりすすめられないなあ。


なぜか、わかる?
    ASJトヨオカ


日本人が求めるもの

2017.10.19

日本人が求めるもの

ホンダのスーパーカブが

1億台生産したそうです。(パチパチ)

本田宗一郎さんが題記のことを

ポリシーとして製作したんだと。

この頃求めていないものがあふれているね。

PC、スマホなんかだけど。

いやいやそれは違うと言っているあなた、

OSのウィンドウズ10のバージョンアップは

あなたが求めていたの?(何時間かかるの)

エクセルシートのバージョンアップは

あなたが求めたの?(計算式がわかんない)

日本人は、そんなこと求めていない。

我が保険業界もそんな感じ。

古い言葉で言うと機械化だけど、

PC使って時間が短縮するどころか、

時間が大幅にかかる。

おまけに保険知らないだろう方々が作っているから

「どんな目的でこれにするの?」

の回答がない!(客も困る)

ただ証券作成データを代理店(部外者)が作ることで

保険会社の職員の人権削減が目的だったりする。

お客が求めることからだんだん離れていく。

「顧客本位の業務運営」といいながら

保険事業者は、どこを目指すのか。

そしてリスクテイクもしていない変な会社になっていく

ような気がする。


ホンダは車輪のない車を作るらしい、
          ASJトヨオカ







クラクション鳴らしたくなるとき

2017.10.16

クラクション鳴らしたくなるとき

道路上での幅寄せだとか、

急な割り込み、挙句には道路で相手車を

停止させる暴挙が話題です。

それらの原因は、クラクション鳴らしたとか、

注意したとかの些細な事が原因と思われる。

キレちやうやつがおかしいのだが、

普段運転している時クラクションを思わず

鳴らす場面がある。

それは、交差点内の右折車の後ろに

ついた時である。

こちらは、直進か、左折である。

前の車は、青になったら

交差点中央まで進むべきなのに、

なぜか漫然と横断歩道をまたいで

待機している。

おいおい、もうちょっと前にすすんでくれたら

左脇を通りぬけられるのに。

その時プップと優しく鳴らす。

そう「もうちょっと前に出てよ」

でも知らん顔が多い。

そして、黄色になってやっと右折を開始する。

そして後ろのおいらは、次の青を待つ。

ほんと、ブッブーと怒りのクラクション鳴らして、

走りたくなるが、そんな時に限って

横断歩道に自転車がいたりする。

だから、発進しちゃだめなのである。

ほんとにモー



右折時は、交差点中央にいくこと!!
          ASJトヨオカ


まあひどい!

2017.10.14

まあひどい!

あの高速道路の追い越し車線に

車を止めさせていちゃもんつけたヤツ

どうしようもないね。

で、どうしても被害者への賠償問題を

考えちゃうのよ。

一義的には、トラックの運転手が運行供用者責任を

負うわけなんですが、民事的な過失相殺を

するには、追い越し車線にいることの過失と

その状況にさせたバカタレの過失があり、

そのため過失相殺されるのかな?と。

じゃあトラックの運転者が加入している、

自動車保険または、自動車共済の会社は、

過失相殺したり、場合によっては共同不法行為責任って

バカタレに請求をすることがあるのだろうか?

そんなことを考えちゃう。

対人賠償としては、被害者救済の観点から

自賠責保険が存在するのだが、

対物賠償については過失相殺される可能性がある。

被害者側からすると納得感が得られないケースも

あると思うが、「賠償」という考えた方では、

そうなのである。

だから、加害者がそんなことは言えないところを、

保険会社が言って説明する立場ではないかと思う。

交通事故は、感情的になることもあるが

「お互い様だから」という気持ちも重要であるが

そんなところを越えた事故であることに

虚しさが出てくる。


自動車保険は、本当に高いと思いますか?
            ASJトヨオカ



損保ジャパンの保険代理店、愛知、岡崎のASJトヨオカの専務取締役 高橋 英二

生年月日:1955/05/08
血液型 :O型
出身地 :宮城県仙台市
■コメント
太っても鯛!目指せ100KGと冗談で言っていたらあぶなくなったメタボアラカン60代!


生命保険相談会

岡崎 住宅ローン相談

自動車保険そんぽ24お見積りはこちら

お客様向けインターネットサービス[無料]
ご契約内容の確認、各種変更
手続きが可能です。↓今すぐ登録
マイページ



このページのトップへ